So-net無料ブログ作成

ナナマルアップ [TROUT]

まだあきらめずにサツキを追いかけ、時間が取れるときは朝練、夕錬。
しかし、サツキっ気はまったくない。
瀬のいいところでかかるのはニゴイばかりで、ポイントが荒れて終了ってパターンが増えてきた。

今夕も日没まで30分もないくらいの時間が確保できたので、長良川に立つ。
渇水で川幅もどんどん狭くなる。ちょっと立ち込めばすぐ流心という場所も、、、。
丁寧に流心をスプーンをクロスしていくがやはり反応はない。

ひととり撃ち終えたので、対岸の流れの強弱めがけてスプーンの大遠投。
2投目、対岸岸際の強めの流れにスプーンがうまくかみあった。
そのまま流れをクロスさせる途中、ゴン!と明確なアタリ。

バシッと合わせを入れると、バシャバシャ、ゴボゴボっと水面を割る水しぶきと、やたらと重い引き。
ニゴイのスレ?もしかしてスーパーレインボー?
流心をまたいで、40mくらい離れた対岸でのヒットに長期戦を覚悟。

引きからして時折首ふりっぽい動きがあるので、スレではない感じ。
でも、レインボーの鋭さや、素早さはない。なんだコイツ??
流心を横切らせる時にもバシャバシャゴボゴボ。ちゃんとグイグイと引いている。

すでに5分以上が経過し、ニゴイならとっくにバテているはず・・・。
早く姿を確認したいが、浮いてこない。
浅瀬に誘導しようとしても、流心に引き戻されてしまう。
10分近く経過したところでようやく観念したのか、浅瀬に引き込むことに成功。

やはりトラウトの類ではない。
!!
デカシーバスだ。
50~60くらいのシーバスならサツキの外道で稀にかかるが、このサイズは!!
スプーンだったこともあって、シーバスはあまり頭になかった。
薄暗くでよく見えていなかったが、ゴボゴボはエラ洗いの音だったと確信。

DSC04873.jpg

メジャーを当てる75cmの良型シーバスでした。
と同時に、このサイズがもうここまで上がってきているのかと。
こんなシーバスがこの場所で釣れてしまうとは、間違いなくサツキの終了が近い。
あとワンチャンス、なんとか居合わせたいと願うのだが・・・

DSC04874.jpg

スプーンはカンヌキにばっちり。
掛かりが良かったこともあって、8ポンドのナイロンリーダーでキャッチできました。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

フク

凄いですねぇ。そんな上流域でそのサイズのシーバスとは!?
シーバスって、結構いろいろなルアーで釣れる魚ですね。
私もバズベイトで何回か釣ってますが…
by フク (2016-06-04 10:21) 

いわな

フク様 どうもです。シーバスは夏の釣り物なので、サツキの外道として混じると終わりを感じざるを得ないので、寂しい気持ちと、次のシーズンへの期待といろいろ複雑な思いが生じますね。
シーバスは、トップにはガンガン反応しますし、ミノー、バイブレーション、メタルジグ、ソフトルアーなんでもありですね(笑)。
by いわな (2016-06-05 20:45) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。