So-net無料ブログ作成

Lake Biwa [TROUT]

中部地方のトラウトアングラーなら気になったことがあるかもしれないターゲット「ビワマス」。
サクラマス、サツキマスの近縁ではあるが、琵琶湖にしか生息しない固有種。
今回は、釣り侍さんとのコラボで、トローリング体験をしてきました。

DSC00154.jpg

湖北の早朝の風景。バサーだった頃は、長浜から海津大崎までの区間によく通ったなぁ。
水中を覗くとネストを守るバスの姿があり、それを陸とボートから狙うバサーがいっぱい。

DSC00159.jpg

今回お世話になったトローリング船です。

DSC00163.jpg

船上に見えるのが、ガイドの近藤キャプテン。

DSC00168.jpg

一気に北湖の沖合、水深の深い部分へ。

DSC00179.jpg

レッドコア2本、ダウンリガー4本の計6本のロッドでシェルスプーンを流します。
ちなみに、一番外側がレッドコア(鉛の芯が入ったライン)で、内側二つが10ポンドの重りでほぼ真下に落としたダウンリガーの仕掛け。これが両舷にあります。

DSC00181.jpg

ポイントか、タイミングかわかりませんが、最初はウグイやキーパー(25cm)以下のビワマスが連発し、ちょっと不安になりましたが、、、

DSC00187.jpg

最初の1本が釣れてからは徐々に調子が上向き、数、サイズとも伸びてきました。

DSC00199.jpg

これでもサツキサイズは十分あります(40cmを軽く超えてます)。

DSC00201.jpg

こいつはすでに50クラス。

DSC00208.jpg

トローリングは、仕掛けを流していると竿にゴンゴンとアタリが出て、向こう合わせでファイト開始なので、子どもでも大物トラウトとのファイトが手軽に楽しめます。

DSC00216.jpg

この日の最大は板マス体型の54cm。

DSC00219.jpg

キャッチ数は28匹(写真は26匹、いけすのチビ2匹をリリース)。

天然の大型トラウトがこんなにたくさん釣れてしまうなんて、、、。琵琶湖の豊かさを感じずにはいられません。
ただ、いくら広大な琵琶湖とはいえ、資源量には限りがあるので、やはり管理が必要でしょうね。
(現在、登録した人でなければトローリングは行えませんし、ガイド船では1日30尾/船以内の自主制限も行われています。)

「こんな釣りもあるんだな」と、とても良い経験になりました。
コストがかかるので、そんな頻繁にいける釣りではありませんが、機会があればまたやってみたいですね。

帰宅後、近所にお裾分けしてから、自宅用の魚を捌きにかかります。

DSC00236.jpg

流石に、4本捌くのは大仕事です。小さい奴はそのまま子どもの好きな塩焼きに。
小さくても脂がけっこうのっていました。

DSC00237.jpg

大きな奴は3枚におろして、頭部と背骨周りを塩焼きに。
背中の身が厚い部分をお刺身にしました。

DSC00239.jpg

個体によって身の色がずいぶん違います。
どちらも50cmくらいの個体なのですが、赤身の方がやや小ぶりで細身の個体、白っぽい方が体高があって太い個体でした。(どうやら魚食性の強い個体は身が白くなるようです)
刺身には、赤身の方が味がしっかりしており個人的には好みですが、白っぽい方が脂は多いです。

釣りでも、食事でも、ビワマスをしっかりと堪能できました。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

へっぽこМ氏

いいですねぇ

子供のころ図鑑でみて憧れたビワマス・・・
前々から一度はやってみたいと思って
たまに検索して楽しんでます(^_^)
by へっぽこМ氏 (2016-06-21 07:08) 

いわな

へっぽこM氏さま ビワマス釣りは、とてもいい体験になりました。機会があれば、是非、お試しください。
by いわな (2016-06-21 21:08) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。