So-net無料ブログ作成

今年もやってきました、手取川サーモン!

毎年、恒例となっている手取川のサーモンフィッシング。
今年も釣り侍さんと日程を合わせてエントリー!

大増水や悪天候に見舞われることなく、順調かと思いきや、初日はかなりの濁り!?
なんで?そのせいか魚の食い付きはいまいち!?
それでも、なんとかポツポツと釣れてはいきます。

DSC05420.jpg

DSC05428.jpg

DSC05431.jpg

初日は、口に掛けれたのは、雄2、雌2の4本でした。(他にスレ2本)
釣り侍さんがスロースタートだったのでかなり心配でしたが、場所の影響だったみたいで一安心。

2日目は、朝にホテルでゆっくり朝食を摂ってから重役出勤(笑)。
その間に、釣り侍さんはメスを数本仕留めたみたい。
まぁ、釣れるでしょ!?と適当に始めると、昨日よりは全体に魚も入っているようで、ラッシュはないけど、コンスタントには釣れていきます。

その中でも特に引きが強かったのがコイツ。

DSC05463.jpg

釣り侍さんにメジャーを当ててもらうと80アップは確実ということで、最後の検量が楽しみな感じ。

この日は、岐阜からの遠征組も多く、ヤスホウさん御一行もみえているということでご挨拶に。
最上流に、いつものオーラを放っている師匠を発見。
ずーっとサーモンには嫌われていた師匠ですが、今年はしっかりと釣ってみえました。

DSC05477.jpg

昼過ぎには連れの一人が雄5本のリミットメイク。自分もすぐにリーチをかけましたが、ここからが長かった。
結局、3本だった釣り侍さんにも逆転され、場所を譲ってもらってなんとか雄5本のリミットメイクでした。

DSC05467.jpg
※連れと共通でストリンガーをかけてますので、こちらには6本かかってます。

隣のアングラーさんも同じようなタイミングでリミット達成ということで、並んで釣っていた4人が無事にリミット達成の快挙!?でした。

ここで終わらないのが今回のサーモン。
道具を片付け、ビックフィッシュの検量と、持ち帰り魚の血抜きと思い釣り座に戻ると、ストリンガーにかかっているはずの魚が見当たらない。

よく見ると先端の留め具が破壊されており、すべての魚が脱走してました(泣)。
恐るべし、サーモン6本のパワー。
結局、ランキングが期待できた魚の大きさは正式に測定できないまま、モヤモヤ感の残る釣り終わりとなってしまいました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。